歯を失ったままのリスク

歯を失ったときはすぐにご相談ください

虫歯や歯周病(咬合性外傷など)、不意の外傷などで歯を失ってしまうことがあります。歯を失った箇所をそのまま放置しておくとさまざまなトラブルの原因となるため、早急な対処が必要です。豊島区南池袋の歯医者「宮田歯科池袋診療所」では、歯を失った箇所に対する適切な治療をご提案しています。歯を失ってその後の治療に関してお悩みの方は、ぜひ当院へご相談ください。こちらのページでは、歯を失ったまま放置するリスクとその治療法についてご説明します。

歯がない場所があるとこんな問題が起こります

歯がない場所があるとこんな問題が起こります

咬み合わせの乱れ 虫歯や歯周病 見た目が悪い
咬み合わせの乱れ 虫歯や歯周病 見た目が悪い
歯がないスペースに両隣の歯が倒れこんだり、咬み合う歯が伸びてきたりして、咬み合わせが乱れる 食べかすが溜まったり、ブラッシングが十分でなかったりすると、虫歯や歯周病になりやすい 歯列に歯がない部分があると、見た目に違和感を覚える。奥歯の場合も顎や輪郭の見た目に影響を与える
発音障害 消化器への負担 脳への刺激不足
発音障害 消化器への負担 脳への刺激不足
歯がない部分から息もれが起こり、発音がしにくくなる しっかり咬み砕く食事ができないと、唾液の分泌も減り、胃腸など消化器への負担が増す 咬む刺激が十分に伝わらなくなると、脳への刺激現象になり、痴呆や老化につながることも

歯を失った場合の治療法

宮田歯科池袋診療所では、歯を失った場所に行う補綴(ほてつ)治療に、次のような治療法をご用意しています。いずれも患者様のご希望をしっかりお聞きし、最適と思われるものをご提案いたします。補綴物は、ただ作ればいいだけのもではなく、CTをはじめとする精密な診査診断を行うことで、長く使え、残った歯も長持ちさせることができます。

ブリッジ・W冠 パーシャルデンチャー コーヌスデンチャー
ブリッジ・W冠 パーシャルデンチャー コーヌスデンチャー
歯を失った部分の両隣の歯を支えにして、橋をかけるように人工歯を渡す固定式の治療法。W冠は、支台歯・ブリッジ双方に金属の冠を装着する 人工歯と人工歯茎で補う、いわゆる部分入れ歯。取り外し可。バネがあるタイプは見た目にも使用にも違和感がある。支えにする歯に負担がかかる 残っている歯に金属の内冠をつけ、外冠がある入れ歯を固定する。取り外し可。入れ歯を支える力が大きく長持ち。使用も見た目も違和感が少ない。歯を削る量が多い。
マグフィット フルデンチャー インプラント All On 4
マグフィット フルデンチャー インプラント All On 4
歯根が残っている歯に磁石を埋め込み、対応する磁石を持つ入れ歯を磁力で固定する。歯を削る必要がある いわゆる総入れ歯。取り外し可能で、自費ならさまざまな素材を選択できるが、保険適用だと歯科用プラスチックのみ 片顎に最小4本のインプラントを埋入し、それを入れ歯の支えとする。総入れ歯など失った歯が多い箇所向き。保険適用外で外科手術が必要

各治療法の詳細についてはこちらをご覧ください

当院の診療はこちらのページからご予約いただけます宮田歯科池袋診療所